忍者ブログ

クラシック距離で活躍が期待されるハービンジャー×名牝系のショウボート



先日京都競馬場で行われた3歳未勝利戦。2,200mとこの時期では珍しく長めの距離。このレースを勝ったのがショウボート。残り200mの段階でもまだ先頭まで距離があったのですが、メンバー中最速の上がりで見事に差し切り勝ち。2着に3馬身差の圧勝でした。

ショウボートの父は話題の新種牡馬ハービンジャー。2歳戦で意外な活躍をみせたハービンジャー産駒ですが、本質的には中長距離が良いタイプだと思うので、ショウボートはまさにハービンジャー産駒っぽい感じ。母は6勝を上げ、重賞でも入着経験のあるフォルクローレ。フォルクローレの母アンデスレディーはオーバーザウォール、サンバレンティン、インティライミという重賞勝ち馬を産んだ名牝。



【競馬関連ブログのおすすめ記事】