忍者ブログ

米マイル路線の注目株カルキュレーター



2歳夏のデルマーフューチュリティ、フロントランナーSという2つのG1をともにアメリカンファロアー(American Pharoah)の2着に破れていたカルキュレーター(Calculator)が、3ヶ月半ぶりのレースG3シャムSに出走し見事4馬身3/4差で快勝しました。

序盤は中段外で脚をため、3コーナーから一気のまくりで先頭で直線に。後は差を広げるだけの強い内容で勝利。ダート1,600mで1分34秒88はこの時期なら優秀なのでは。

カルキュレーターの父In SummationはG1ビングクロスビーHを勝ったG1馬。その他BCスプリント4着などがある短距離馬。Put It Back→Honour and Glory→Relaunch→In Realityと繋がるマンノウォー系の貴重な血脈。母父Alphabet Soupは日本でも有名なCozzeneの仔。カルキュレーターの芦毛は母父の影響ですかね。

カルキュレーターの今後ですが、父In Summationだけに短い距離の方が良いのかもしれない。マイル路線で注目。



【競馬関連ブログのおすすめ記事】