忍者ブログ

宝塚はトゥザグローリー



天皇賞で人気を裏切ったトゥザグローリーを宝塚では推したい。もともと天皇賞(春)は距離的に不安だった。みんな心の底では不安に思ってたけど、あえて気にしないようにしてたんだと思う。今度は2200mで適距離とも言えるので、改めて期待したい。

対抗はエイシンフラッシュ、ルーラーシップ。今や「オルフェーヴルの兄」と立場が逆転してしまった感のあるドリームジャーニーにも頑張って欲しいけど・・・。


【競馬関連ブログのおすすめ記事】