忍者ブログ

英オークスはニューアプローチ産駒タレントが完勝



ドーンアプローチ(Dawn Approach)は距離の問題かわかりませんが、ダービーで大敗を喫してしまいました。やはり母系のスプリント色が影響しているのでしょうか。それとも2,000ギニーで目一杯のレースをした影響かもしれません。ニューアプローチ(New Approach)がスピード種牡馬だとは思わないんだけどなぁ・・・と思ってるのですが、オークスの方ではニューアプローチの仔が完勝したようです。

ダービーの前日に行われたオークスを勝ったのはニューアプローチ産駒タレント(Talent)。母父はヌレイエフ(Nureyev)産駒の超大物パントルセレブル(Peintre Celebre)。期待してた程ではないものの、それなりに活躍馬を輩出しているパントルセレブル。しかし久しぶりに名前を見た気がする。勿論凱旋門賞を勝ったスタミナがあるわけで、タレントにもその血が受け継がれているのかもしれません。

ニューアプローチは母系の特徴を活かすタイプの種牡馬かもしれない。

英オークスはニューアプローチ産駒タレントが完勝




【競馬関連ブログのおすすめ記事】