忍者ブログ

海の向こうでアドマイヤドンも喜んでるだろう、アウトジェネラルの羽田盃勝利



前哨戦である京浜盃で0.6差圧勝したジェネラルグラントが一番人気におされた南関東一冠目羽田盃が行われましたね。しかし期待のジェネラルグラントは4着に敗れてしまいました。中央の芝レースであるクローバー賞で2着に入るくらいスピードがあるのだけど、どうも1,700mまでの馬のような感じ。父ロージズインメイはドバイWCを制してるので2,000mくらいまでが守備範囲だったけど、産駒をみてるとスピードタイプが多い。そもそも種牡馬成績が期待程ではないんだけど・・・。ジェネラルグラントはマイルではそれなりに強そうなので、今年は注目したいところ。来年は無さそうだけど。

で、羽田盃を勝ったのは京浜盃でジェネラルグラントに完敗したアウトジェネラル。1,800mの北海道2歳優駿ではジェネラルグラントに先着してるので、距離適性で勝った感じも。アウトジェネラルの父はアドマイヤドン。こちらも種牡馬成績がイマイチで現在は韓国で繋養中。




【競馬関連ブログのおすすめ記事】