忍者ブログ

トーホウジャッカル、日本レコードで菊花賞制覇!



牡馬三冠最後のレース菊花賞は伏兵トーホウジャッカルが優勝しました。

生まれたのは2011年3月11日。あの東日本大震災の日。デビューは遅れて今年の5月31日。10番人気で10着。続くレースも9着と良いところなく破れましたが、7月に未勝利、8月に500万下、1,000万下2着の後に神戸新聞杯に挑戦。そこで3着に入り菊花賞の出走権を獲得。そして戴冠。デビューから史上最速での菊花賞制覇とななりました。しかもタイムはナリタトップロードが持っていた3分2秒5を大幅に更新する3分1秒0。過ごすぎw

2着は神戸新聞杯2着のサウンズオブアース。3着は人気薄シャンパーニュ。僕の本命ショウナンラグーンは5着。対抗はサウンズオブアースでした。ワンアンドオンリーは9着。

トーホウジャッカルの父はスペシャルウィーク。やはりスタミナ型のスペシャルウィークの血の影響が出ましたね。ワンアンドは母父タイキシャトルなのが心配だったけど、やっぱりそこかな。



【競馬関連ブログのおすすめ記事】