忍者ブログ

秋華賞はレコードタイムでショウナンパンドラが逃げ切り



2歳女王レッドリヴェールの不振、桜花賞覇者のハープスター不在(凱旋門賞出走)の中、トライアル、ローズSを快勝したオークス馬ヌーヴォレコルトが1番人気に。2冠が確実視されていた今年の秋華賞。

レースはショウナンパンドラの逃げ。これまで追込むレースが多かったショウナンの意外な逃げに戸惑う中レースは進み、最後の直線。脚色衰えないショウナンに対しキャリア5戦目のタガノエトワールが迫り、さらにその外からヌーヴォレコルトが追い込む。タガノを抜き、さらにトップへと迫るヌーヴォ。しかしショウナンは最後まで脚色衰えず逃げ切り。2着はヌーヴォレコルト。タイムは従来の秋華賞レコードを1秒以上縮める1分57秒。強いレースでした。



【競馬関連ブログのおすすめ記事】