忍者ブログ

God Save The Queen



「女王の馬」カールトンハウス(Carlton House)が英ダービーの雪辱を晴らすべく、愛ダービーに出走します。1番人気でのぞんだ英ダービーでは最後の直線でまさかの落鉄で失速。POUR MOI(プールモア)の3着に破れてしまいました。レース直後のエリザベル女王の苦虫を噛み潰したような表情がとても印象的でした。

愛ダービーではトレジャービーチやメンフィステネシーなど、プールモア以外の英ダービー上位馬が出走してきそうで、なかなかの好メンバー。カールトンハウスは見事勝利を飾れるか注目です。

カールトンハウスの父はストリートクライ。Machiavellian~Mr.Prospectorと続く、どちらかといえばスピード系。カールトンハウスの重厚な雰囲気は母系からくるものだと。母父Bustinoはブレニム(Blenheim)系。スタミナ十分の欧州血統。


【競馬関連ブログのおすすめ記事】