忍者ブログ

Rewilding(リワイルディング)が駆け抜けた



セントジェイムズパレスSの翌日に国際G1プリンスオブウェールズSが行われ、ドバイシーマクラシックなどを勝っているRewilding(リワイルディング)が勝利した。2着はコックスプレートを連覇するなど中距離で強さを発揮するSo You Think(ソーユーシンク)。1着2着は接戦だが、2着3着は6馬身も離れた。2頭の強さが際立ったレースでした。

Rewilding(リワイルディング)は去年の英ダービー3着など主に2400mで使われており、走ドバイシーマクラシックでは日本から参戦したルーラーシップを5着に下したが、今回2000mを勝ったので、今後種牡馬入りした際のプラスポイントになりそう。

Rewildingの父はデインヒル産駒のTiger Hill、母父はダンテ系という少し傍流血統。母方血統表にはヴィミーだとかヴェンチアだとか懐かしい名前も。


【競馬関連ブログのおすすめ記事】