忍者ブログ

欧州でも活躍するサンデーの血



ギヨームドルナーノ賞(G2)を一番人気で快勝したセントボードリノ(Saint Baudolino)がなかなか強いんじゃないかと思ったりしています。フランスダービーで2着、パリ大章典3着とフランスでは上位の実力を誇っていますが、これからもっと強くなっていくんじゃないかなって。

父ピヴォタル(Pivotal)はヌレイエフ(Nureyev)系でスピードに優った馬。母系が興味深く、祖母テレシュコア(Tereshkova)はフランスG3を勝った程度だが、全兄にリシウス(Lycius)がいる良血。引退後に日本にきてサンデーサイレンスを種付けし、英国でその仔を産んだ。その馬がセントボードリノの母アレッサンドリア(Alessandria)。

父系も母系もスピード優勢の血統だけど、今回2,000mを勝ったし、これくらいまでは走りそう。本質的にはマイルの方がいいのかもしれない。



【競馬関連ブログのおすすめ記事】